マイルCS2023〜混戦ムードの一線。適正の高い鉄板馬を導く〜

G1

マイルチャンピオンシップ2023

出走メンバー

ソウルラッシュ
ビーアストニッシド
ダノンスコーピオン
エエヤン
ジャスティンカフェ
ダノンザキッド
エルトンバローズ
ソーヴァリアント
シュネルマイスター
マテンロウオリオン
セリフォス
レッドモンレーヴ
セルバーグ
バスラットレオン
イルーシヴパンサー
ナミュール

 

予想

安田記念も出走したメンバーはこの8頭。

ソウルラッシュ
ダノンスコーピオン
シュネルマイスター
マテンロウオリオン
セリフォス
レッドモンレーヴ
イルーシヴパンサー
ナミュール

安田記念のレベル

2023年の安田記念では18002200mが主戦でマイル2戦目のガイアフォースが勝ち馬と0.2秒差2着馬とはタイム差なしの4着や、これもまた一貫して2000mを使われていたジャックドールが初マイルで勝ち馬と0.3秒、2着馬とは0.1秒差の5着で6着には0.3秒差の1馬身と3/4をつけているところを見ると今のマイルは上位勢は抜けているが後はそれほどレベルは高くないように思う。
安田記念2.3着馬が今回マイルCSに出走しているが東京京都に替わるマイルCSでは混戦になりそう。

京都で行われることを考えるとその2頭の優劣は、シュネルマイスター>セリフォスとなる。

 

注目馬

 

ソウルラッシュ

京都マイルはこの馬のベストなんじゃないかな。
GⅠレベルになるとワンパンチ足りないがモレイラJがそのピースを埋めてくれればハマる可能性大。
5歳になり速い時計にも対応できるようになってきたのは大きな収穫と言える。
前走決して得意な舞台ではない中山競馬場で59kgを背負い見事に勝ち、確かな成長と勢いある今斤量減+ベスト舞台でどこまでやれるか。

 

ジャスティンカフェ

やっぱり湘南Sの内容がずば抜けていいので生粋のマイラーでこのメンバー相手でも十分互角に戦える能力はある。前走は出遅れ+ポツンで度外視。昨年の当レースでは直線は馬場の悪い内を選んで何度も何度も詰まっていてスムーズなら突き抜けていた可能性も。福永Jから乗り替わり安定感も出てきた。3走前のダービー卿CTで決して得意でない中山コースで2着に好走できたのは成長の証。エプソムカップで重賞初制覇し今度は昨年のリベンジでG1初制覇へ。是非良馬場で。

 

エルトンバローズ

前走毎日王冠では叩きの1,2番人気が直線詰まり追い出しが遅れたこともあるがそれでも4番手から抜け出し最後まで長くいい脚を使えた。
どちらかと言うと右回りでこその馬だし前走東京マイルで東京マイル巧者のG12頭であるソングライン、シュネルマイスターに勝っているのはいいし今回は前に行くメンバーが少なく展開面で利がある。
秋のG1では3歳馬は斤量面で有利。重い印を打ちたい。

 

ソーヴァリアント

ルメールJが2,000mは短いと言い前走初のマイルに挑戦。未勝利戦以来の左回り+初マイルで追走に苦労した姿を見せながらもあのレース内容なら上々。
上位のナミュール、レッドモンレーヴには負けたがこの2頭は東京がベストでかなり粘り強く長くいい脚で走れていたし今回京都競馬場で再戦となれば逆転も可能。
右回りに替わるもの良し。平坦コースも良し。チャンス。

 

シュネルマイスター

前走は直線で前が詰まり全馬を先に行かせてからこの馬を大外に出して一気に追い込んできた。
実際追い始められたのは残り1Fから。恐らくラスト1F10秒台の脚。
安田記念でも上がり32.8秒の鬼脚で追い込んできた。
終いの脚は脅威で元々マイラーとしての能力もピカイチだがズブくなってきていてマイルが若干忙しいか。
勝ちきるには完璧な競馬が求められる。

 

レッドモンレーヴ

前走は外から余裕すら見える脚で2着に。
2走前の安田記念でもメンバー揃った中0.6秒差もじゅうぶん及第点の内容。
戦ってきた相手も強くこのメンバー相手でもやれる。
終いの脚はかなりの武器になるしシュネルマイスターと共に後方から追い込んできそうな感じ。
サウスポーっぽさがあるので右回りがどうかが鍵になる。

 

セリフォス

1週前追い切り時で51.1-10.7とかなり順調に来ている。
2週前も52.5-10.9と連覇に向けて不安なし。
そして今現在日本人騎手で実績も信頼もかなり抜けている川田将雅騎手が乗るのも心強い。
京都競馬場に替わるもの問題なし。
安田記念からの直行ローテもプラスに見えるし最強マイラー世代の現4歳馬のトップで人気でも楽しみな一頭。

 

ナミュール

前走チューリップ賞以来となる重賞制覇を成し遂げたがナミュールはやっぱり東京マイルがベストだしさらに絞るならヴィクトリアマイルが一番いい。
今回京都に替わるのが気がかりだが安田記念といいヴィクトリアマイルといいかなりの不利を受けて実力出せず度外視はできる。
どちらかと言うと休み明けを得意としているで今回のローテはどうか。
前走モレイラ騎手に引き続き今回も短期免許のムーア騎手を確保して怖い存在ではある。

 

 

本命馬候補

ジャスティンカフェ

やはり去年のマイルCSは勝てたレースだったと思う。
福永騎手も土曜日深夜の某番組でも外が伸びる馬場で外に出したいと言ってはいたが結果的に内に突っ込み何度も何度も詰まったのは本当にもったいなかった。
その次走もかなり詰まっていて福永騎手とは手が合ってなかったのかもしれない。
今年は重賞も初制覇を成し遂げたり決して得意ではない中山コースでもしっかり2着と去年よりもいい。
初コンビの坂井騎手だが追い込みのイメージはないので恐らくいつもよりは前に行ってくれると思うし負けるなら力負けで差し損ねはなさそうかな。

 

エルトンバローズ

現在4連勝中の勢いでG1初制覇できるか。
前走有力馬2頭が叩きの中この馬はかなり仕上がっていたが今回その前走よりも仕上がっていてここがメイチと言ってもいい仕上がり。
真ん中の枠も引けたし前に行きたいと言っている馬は共に7枠と外枠でこちらに分があるか。
千八巧者であり、このレースはマイラー気質よりも千八、二千を走れる力が必要となる為マッチする。
人馬共に初のG1タイトルは視界良好。

 

ソーヴァリアント

俺のNo. 1推し馬。忖度全くなしでかなりチャンスだと思う。前走は数々の初を乗り越えて3着と健闘。
元々素質がかなり高く怪我に泣かされたり、メンタル面を不安視されたりだったが今回は近年でもかなり調子が良さそう。調教はいつもいいのが今回は更に調子良く見えた。
前走の数々の初体験は今回のレースに必ず活きるし上積みもかなりある。
中距離馬の中でも能力は高く中々G1に出られなかったが念願の初G1出走でいきなり勝ってもおかしくない。

 

シュネルマイスター

実績、安定感、騎手全てをトータルして考えるとシュネルマイスターが抜けているのかな。
ズブくなってきてエンジンのかかりも遅いため完璧に乗りこなしさえできたら勝機あり。
いまだに勝利G1がNHKマイルのみというのが信じられないし古馬のマイルG1は取れる器。
ここを獲りにきてる調整で何とか古馬マイル戦を勝って欲しい陣営の願いか。
シュネルマイスターを軸にするならレッドモンレーヴも一緒に飛んでくる可能性が高いので2頭軸がいい。

 

本命馬

 

ソーヴァリアント

ここは妙味も含めて先買いしたい。
前走の東京マイルより確実に今回の方がこの馬には合っているし京都のコースもいい。
前走はタイムも速く中距離を主戦としていたソーヴァリアントにはかなりきつかったはず。にも関わらず3着に食い込んできたのは、やはり地力の高さだろう。
前走マイルを経験者前走よりも追走に苦労しないはずだし前走よりもペースは遅いはず。元々は先行して早め先頭で競馬するタイプだし得意の形ができれば。

心房細動前の頃のやる気が見られるし万が一掲示板に載るような結果で次走人気するならここで先に買いたい。
前走の結果を踏まえて池添騎手もマイルCSに行きましょうと進言していたのでここでもやれると思っているし期待もしているだろう。

 

相手はシュネルマイスター

3番手エルトンバローズ

以下
ジャスティンカフェ
レッドモンレーヴ
セリフォス
ソウルラッシュ

上位3頭のワイドBOXがメインになるかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました