共同通信杯2024〜チャート指数から導く本命馬〜

G2,G3

【PR】
おすすめ競馬情報サービス

【リホラボ!】

京都記念無料情報はこちら

【Baxis】

京都記念無料予想はこちら

今週はリホラボでは京都記念の無料情報が、
Baxirでは京都記念の無料予想が見れます。
是非見てみてください。

 

 

東京重賞❎チャート指数

東京重賞のチャート指数は上位5位の内2頭3頭3頭決着とかなり高精度です。
先週の東京新聞杯でも上位5位までの決着で3連複600倍超え、3連単6000倍超えでした。


東京❎チャート指数結果

根岸S
指数2位タイ エンペラーワケア🥇
指数4位   サンライズフレイム🥉

東京新聞杯
指数3位タイ ウインカーネリアン🥈
指数5位タイ サクラトゥジュール🥇
指数5位タイ ホウオウビスケッツ🥉

クイーンC

指数2位タイ クインズウォーク🥇
指数2位タイ アルセナール🥈
指数5位   ルージュスエルテ🥉

 

 

共同通信杯

 

指数トップタイ➡️フォスターボンド、シャーマンフリート
指数3位➡️ミスタージーティー
指数4位タイ➡️ジャスティンミラノ、ジャンタルマンタル

 

メンバー紹介

1,ベラジオボンド

指数は21で6位

チャートからは騎手、近走からの上昇度が伸びあぐねた。
やはり重賞では買いづらいこの騎手。
そして関西ならまだしも舞台は東京。尚更信頼度は下がる。
しかし馬の能力はピカイチ。新馬戦で阪神コースで勝ち時計も上がりタイムもハイレベル。
1週前追い切りではとんでもないタイムをマーク。トビも大きく馬自体は東京は合うだろう。
マイナス要素は本当に騎手だけ。騎手が違えば本命にしたかも。

 

3,フォスターボンド

指数は24でトップタイ

調教はメンバーイチだった。かなりトビが大きく東京は合う。
2戦ともに上がり最速であり、33秒台の末脚もあるので十分この世代ではトップクラスだろう。
恐らくペースは流れないので展開は向きそう。
2日連続キズナ産駒の激走あるか。

 

4,ミスタージーティー

指数は23で3位

チャートでは関東で行われるということで騎手以外は全て4点と高得点。
前走ホープフルSは自他ともに認めるミス騎乗。
内容はみんな知っている為省くが確かに勿体無い過剰だった。
再びチャンスをくれた恩師の為にもここはリベンジでメラメラ燃えているはず。
その反面相当なプレッシャーもあるだろう。
流石にこの頭数で戸崎みたいに詰まることはないだろう。
坂井騎手がここでプレッシャーに勝ち、男になれるか見物。

 

5,ショーマンフリート

指数はトップタイの24
変わり身で言えばメンバーイチ。

 

6,エコロヴァルツ

指数は7位の18

前走朝日杯FSは展開がハマった感は否めない。
あの時点では勝ち馬ジャンタルマンタルとの差はかなりある。
距離的にマイルは短いにも関わらず小回りを避ける為ホープフルSではなく阪神外回りの朝日杯FSに出走したほどで超大飛びで東京コースに変わるのはいい。
賞金もありここは試走できる立場。中段からの足を測る競馬に徹するか。

 

ジャスティンミラノ

指数は4位タイの22

Xでも言った通りアカイトリノムスメ理論から導いた馬はジャスティンミラノ。
前走新馬戦の後半5Fタイムの58.9秒。特に後半4F45.9秒はかなり秀逸。
これは時計が出る日だったとしても評価できる。

東京での後半5F59秒以内はあの世代で言うとアカイトリノムスメ、ソダシ、キングストンボーイ、ソングライン、エフフォーリア。
過去にはグランアレグリアや、コントレイル、サリオスなどほぼG1馬を生み出している。

今回のメンバーで東京を経験しているのがジャスティンミラノとフォスターボンドのみなので横軸で見た時どこまで信用できるかだが縦軸で見るとかなり信頼ができる。
距離はもう少し長いほうがいい分対抗評価に。
ダービーでかなり期待したい馬。こちらもキズナ産駒で2日連続激走なるか。

 

ジャンタルマンタル

指数は4位タイの22

朝日杯FSでは本命にしたがあのメンバーの中では抜けていた。
2着エコロヴァルツとは着差以上に差がある。
エコロヴァルツ同様試走できる立場でありメイチに仕上げる必要もない。
川田騎手は勝負できる状態と言っているほど勝つ自信はあるみたい。

 

 

共同通信杯本命

 

ショーマンフリート

 

本命馬はショーマンフリート。

指数はトップタイの24

東スポ杯2歳ステークスを発熱で回避しシンザン記念へ
。珍しく調教しに行った戸崎騎手なのでそれほど期待していたんだろう。
あの日の京都は馬場も緩くこの馬には全く合わない馬場だった。
好位からの競馬も終始外外を回された分直線で伸びきれなかった。
馬体重も大幅プラスで苦手な馬場であまり勝負度も高くなかったかもしれない。

近走からの上昇度はMAXの5。
まず前走の全く合わなかった京都の緩い馬場から東京に変わるのは大歓迎。
そして関西の戸崎騎手から東京のルメール騎手に変わるのも説明不要の超絶鞍上強化。
そしてスワーヴリチャード産駒も京都→東京は大歓迎。
距離延長も大歓迎でとにかく前走からの巻き返し条件がかなり揃った。
これこそ予想の軸である近走不利❎乗り替わりにバッチリ当てはまる。

スローペースだと思うので逃げてもいいし、2,3番手追走からの競馬も良さそう。現在の6番人気も美味しい。
今回最高の枠を引けて楽に先行できそう。

 

対抗はジャスティンミラノ。

3番手はミスタージーティー。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました