GⅠスプリンターズステークス完全攻略への道②出走メンバー全頭診断

G1

出走メンバー全頭診断

ナムラクレア

最内枠を引いたナムラクレア。果たしてどうなのか。まず浜中騎手は去年のスプリンターズステークスで完璧なヴィクトリーロードを走っていたが4コーナーで前日から圧倒的なイン馬場の中大外ぶん回しする判断。結果的に完璧だったヴィクトリーロードをナムラクレアの真後ろにいたウインマーベルに引導した形になった。

スプリンターズS前日の土曜日、当日のこのレースまでの浜中騎手は徹底的にイン攻めしておりトラックバイアスは完璧だったと思った。

そして本番でやらかすなよ。とツイートしたら見事なフラグ回収になってしまった。

イン馬場の中最内枠は絶好枠とも言えるが騎手がうまく乗れないとどん詰まる可能性が高い。

そうなると去年同様大外ぶん回し濃厚になってしまう。

去年の敗因が何か。

大外ぶん回しのロスが敗因なのか。

そもそもナムラクレアは平坦コースを得意としていて急坂コースでの実績がない。

どちらを敗因とするかが鍵になる。

 

テイエムスパーダ

前走の逃げ切りは開幕2週目。今回は最終週で

今回は同型のジャスパークローネがいて厳しくなりそう。逃げ宣言しているがジャスパークローネよりもテンも遅いのでハナに拘るのならそこで脚を使ってしまい失速する未来が見える。楽に単騎逃げが叶う時じゃないときびしいだろう。

 

ピクシーナイト

大怪我する前までは強かったし復活も願っているけど長期に渡る怪我の後はイマイチなのは事実。

2走前はかなりいい手応えで直線追っていたがこの鞍上らしく見事などん詰まり。エンジンのかかりが速くないのでここでのロスは痛かった。この鞍上が乗る限り復活は厳しい。

 

ナランフレグ

この24番はいい枠に入った。ほぼ最後方からの競馬が多くそこから上がり最速や上がり上位の脚で追い込んでくるのが長所。

この馬は評価しているが時計がイマイチなので今の馬場に合うか。

 

ウインマーベル

血統的に一番いいと思っている。

去年は目の前にいたナムラクレアがスペースを開けて大外に行ってくれたおかげで目の前にヴィクトリーロードが勝手に作られており恩恵をかなり受けての2着。

それ以降59kgを背負わされたり、不良馬場だったりで度外視できる。

前走もそもそも調教本数がいつもより少なく、明らかに叩きだった。涼しいところで走らせてからって感じだろうか。

ただやはり去年のキーンランド、スプリンターズステークスは恩恵受けたから2着なのは否めない。

 

ママコチャ

勝利した未勝利戦、その後のファンタジーステークス、豊栄特別、納屋橋S、安土城Sと叩き2戦目以降は4-0-1-0/5と叩き良化型である。

そして何より鞍上が超絶強化されているので過剰人気は仕方ないか。

前走初のスプリント戦線も難なくこなし2着と連対。素質の高さを見せてくれた。

オールアットワンス

この時期は得意としておりオール野芝ではよく走る。千直で培ってきたスピードは武器で高速馬場は合いそう。注意しておきたい。

 

メイケイエール

ピンパーの馬だが心技体がバチっと決まった時にはかなり強く勝った重賞はどれも圧巻の内容。負ける時はかかりまくっていたりして気気持ちの問題が大きい。

去年はセントウルSからの参戦だがこの間隔がよくなかったのか今年は休み明けのぶっつけでの参戦。馬具を工夫したりしているみたいだがここでGⅠで結果を残せるか。

 

アグリ

前走時も推したが血統が素晴らしくずっとスプリント戦線で見たいとツイートしてきたが千二での勝ち鞍こそないが向いているのは間違いない。

前走は今までの戦法とは打って変わって後方からの競馬に。鞍上が横山典弘騎手なのでそこに関してはなんとも言えないが後方から上がり32.4秒と異次元の上がりで阪神の急坂も苦にしないパワーのある走りは今回も魅せてくれるだろう。

スプリントだと追走に苦労するのか。

高松宮記念では不良馬場か堪えたというよりもファストフォースとナムラクレアに挟まれ進路がなくなり後退してしまったのが敗因だと思うのであとは鞍上の腕にかかっている。

 

マッドクール

先日ツイートした馬はマッドクール。

早々と目標はスプリンターズステークスと公言しており今回は調教もしっかりおわれて充実している。

シルクロードSでのちに高松宮記念でワンツーになるナムラクレア、ファストフォースに次ぐ3着になったことからその後2戦も一番人気に支持されたんだろうが前走のCBC賞では大敗。

58.5kgのハンデが響いたか。

オール野芝の成績はいいし前走から斤量が減るのもいい。

正直シルクロードSを見た時はあの条件で勝てないならと思って評価は低くしていたが夏を越して春よりパワーアップしているしまだまだ見切れない。

調教ではかなり斜行していているためタイムは参考にならないのでいい。

 

ジュビリーヘッド

黙って買えのロードカナロア産駒。

3,4番手のポジショニングさえ取れればそのまま滑り込んでもおかしくない。

GⅠでどこまでやれるか楽しみ。

 

ドルチェモア

レベルの低い3歳世代且つ前走初のスプリント戦線でも追走に苦労して全くダメでここは厳しい。

 

ジャスパークローネ

逃げ宣言しているが恐らくハナを奪うのがジャスパークローネだろう。テイエムスパーダも逃げ宣言しているのでテンの速さでハナを奪った際ちょっかいをかけられた時にどうなるか。

重賞連勝の内容は共に単騎逃げが叶っている。

モズスーパーフレアになれるか注目。

 

エイシンスポッター

追走力がないので最後方からの競馬が濃厚か。

前走は前残りで度外視していいし、レース内容もスタート直後からズルズル下がっていき最後方は想定通り。直線外に出したからと思えば進路がなく内へ入れる羽目に。流石にロスが多すぎたので仕方がない。

2走前も同じく最後方から外に出せばいいのにわざわざ進路のない内に突っ込んでどん詰まり。その後外に出して上がり33.0秒のいい脚を繰り出すもジグザグ走るロス&展開不向きで負けている。

2戦連続騎手のポジショニングセンスが皆無だったのが影響していて馬の能力の高さは証明済み。

今回は近走よりも展開は向きそうだが最後方からではグランアレグリアをしないと厳しい。もう一列前で競馬できればチャンスはあるか。

展開は向きそうだが最後方からでは厳しい。今度こそ直線巧く捌ききれるか騎手の手腕にかかる。

 

キミワクイーン

前走内枠から上手く乗っていたが直線内に入れざるを得なくなりそれが仇となり力を出しきれなかった。

キミワクイーンの走りは中山向き。

好位のポジションを取れれば中山で神のコーナリングを度々している武史騎手がエスコートしてくれるか。

 

モズメイメイ

スタートは悪くはないと思うがあの騒がれている葵ステークスのロケットスタートはたまたま。

武豊騎手が逃げているので誰も競りかけないしスタートであれだけの差をつけていた分逃げ切れただけ。

乗り替わったとは言え前走初の古馬相手にボロ負けしているし、葵ステークスで負かした相手もその後苦戦しているため厳しいか。

最終的な見解は日曜日の12時頃を予定しています。

それまでに研究しまくって秋競馬の初戦当てて寿司や焼肉を食べて勢いに乗りたいですね。

 

 

買い目は

本命馬単複(オッズ次第)

本命対抗3番手の馬連ワイドBOX

3連複F

(基本的にはこれ)

-○▲△-相手 約15

(上位3頭にかなりの自信がある場合)

○▲-○▲-相手

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました