CBC賞注目馬3頭

G2,G3

マッドクール

シルクロードSで本命にしたが有力馬に比べて斤量利があり1番人気に支持されたが直線抜け出したがゴール前で2頭に交わされ3着。

しかしこの時の1着馬ナムラクレアはG I高松宮記念2着馬、2着のファストフォースは高松宮記念1着とGⅠ実績馬相手なので悲観することはない。

この馬は知立Sの内容がかなりよくAコースを活かして上がり33.8秒で勝利。直線詰まりかけたが前が開いた展開もハマった。中京千二はこの馬のベスト舞台。今回開幕週Aコースで期待度上乗せ。馬券内は堅そう。

 

エイシンスポッター

千二に距離を短縮してから安定感が出てきて5-1-2-1/8とコース巧者。馬券外の1回も前が壁でどん詰まりしたレースで度外視できる。そして8戦中6戦で上がり3位以内の末脚も魅力的。

この馬も知立Sの内容がよくマッドクールと共に2頭はかなり抜けていた。

3走前のファイナルSでは加速ラップでの勝利。

2走前の初重賞となったオーシャンSでは初重賞ながら

前走鞍馬Sも2.3着馬が4コーナー2.4番手の中ほぼ最後方差し切るから強い内容。

近4走は相手も揃っていてその中で結果が出せているのは能力の高さがあると見る。

 

サンキューユウガ

今回唯一のロードカナロア産駒。

実質最軽量の54kgはかなり恵まれたハンデ。

かなり安定して走ってきた馬であり中京では1-2-1-0/4とまだ底を見せてない。初重賞になるが斤量利を活かして馬券内に食い込む力は十分あると思う。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました