札幌記念23〜有力馬診断〜

G2,G3

今年も超豪華なメンバーが揃った札幌記念。

去年は◎ユーバーレーベンが飛んだが、○▲☆の相手3頭が決まってくれておさえていた馬券が当たった。

今年も絞って当てたい。

 

 

ソーヴァリアント

個人的に一番好きな馬で持っている能力はGⅠでも勝てるモノを持っている。

ソーヴァリアントの敗因がメンタルと言われているけど果たして本当にそうなのか。

調教は毎回めちゃくちゃ走っているし今回もかなり走っているけど、調教とレースが全く直結しないので調教で好不調は見なくてもいいと思う。

今回はハミを変えて陣営も変化をつけてきた。

これがいい方に向くならこのメンバー相手でも突き抜ける力はある。

ルメールが前走のレース後に二千は長いと言っていたのはどうなのか。

 

ウインマリリン

内枠頼りの馬で今回ようやく念願の内枠に。内枠に入ったのは約2年ぶりでまだまだ衰えてないだろうし条件バッチリのここは去年以上に走れてもいい。

シャフリヤール

ダービー馬だし昨秋もGⅠで好走しているから能力的にはここでも上位。

だが札幌の馬場が合うとはあまり思えない。

シャフリヤールも天皇賞秋などを使うためにここは叩きで出走してきそう。

ジャックドール

ジャックドールはずっと評価しているし主戦騎手も藤岡佑介武豊騎手に乗り替わってあのキタサンブラックの超強化版としてようやく結果も付いてきた気がする。

今回調教かなり良く見え過去一のデキに見える。完全に今がノッている状態で去年以上のパフォーマンスも期待できる。

同型も多いが、スタートセンス、テンのスピードはこのメンバーでも断トツなのでアフリカンゴールドが何が何でもハナを奪いたいのなら前が早くなるかもしれないがスンナリハナは取れるはず。あとは得意のパターンで後続に脚を使わせる逃げをすればいいだけ。

 

 

ダノンベルーガ

叩きを明言しているし中山1戦以外では全て東京と左回りをメインで使っていたがここにきて右回りなのは完全に叩きとしていいはず。

怖いのは世界No. 1のセンスを持っているモレイラ。

前走の末脚は成長が見られたのでここを叩いて次走狙いたい。

マテンロウレオ

二千がベスト舞台だろうし、2走前の大阪杯は鞍上横山典弘騎手が内をついて上手く乗っての4着。この馬も能力はあると思っているが、陣営のコメントはここが目標ではなくあくまで秋に向けて涼しい札幌でレースを使うと言うことだったので明らかに叩き。相手までかな。

ヒシイグアス

途中色々あったが7歳にしてまだキャリア17戦しかしていないのは好感。

今まで夏は全休してきたようにどちらかというと冬馬のイメージが強い。

去年の宝塚記念後に熱中症に遭い生死を彷徨ったほどなので暑さに苦手意識がありそうで、鞍上も浜中に乗り替わりで鞍上超絶弱化+松山騎手が小倉のロンドンプランを選んでいるのでそのも気になる。

馬体重は10kgは増えてて欲しい。

プログノーシス

川田騎手以外では0-2-1-1/4に対し、

川田騎手とは5-0-0-0/5と抜群の相性。

これはプログノーシス自体がスタートが悪く、どうしてもポジショニングが悪くなってしまうことでポジショニングセンスの良くない藤岡佑介、岩田望来両騎手が上手く乗りこなせず自慢の末脚を使ったところで届かないのが敗因。

日本での8戦中7戦が上がり最速で半分以上が上がり2位に0.5秒以上の差をつけており圧倒的な末脚が魅力。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました