札幌記念〜回顧〜

G2,G3

ますは勝ち馬プログノーシス

プログノーシスが4コーナーであんなところにいたらそりゃ大差で突き抜けるやろって感じで、やっぱり川田騎手のポジショニングセンスが抜群。今年のオークスのリバティアイランドのように、強烈な末脚がある馬が直線向いた時にあそこにいたら突き抜けるのも納得。

今回も上がり最速36.0秒で秋のGⅠに向けて順調な滑り出し。

勝ちに行くなら瞬発力勝負でプログノーシスに勝つのはほぼ無理なのでプログノーシスより前にいないと厳しい。

プログノーシスの4コーナー通過順位は2番手、0.7秒差を付けた2着馬トップナイフは4コーナー先頭、1.2秒差、1.3秒差を付けた3.4着馬ソーヴァリアント、ダノンベルーガは3.4番手と内の馬場が思ったより悪くみんなが外を回す中できるだけ内を回った馬が上位を占めていた。

 

 

札幌記念は騎手の差をかなり感じたレース。
一番今回うまいと思ったのはトップナイフ騎乗の横山和生騎手。スタート直後にみんなが避けた馬場の悪い内ラチをぴったり走り負担はかかるもののロスを最小限にし終始内を回り2着に粘り込み。

 

ソーヴァリアントもハミを変えたのや、得意の札幌、何より4コーナーのコーナリングが上手くルメール騎手が上手くエスコートしていた。

 

この馬券内に来た上位3頭の騎手は上手く乗っていた。

 

 

逆に下手に乗ったのはジャックドールとウインマリリン。

 

まずジャックドール騎乗の武豊騎手は今回の騎乗内容では大炎上した昨秋天皇賞・秋の藤岡佑介騎乗時と全く同じ。

瞬発力で勝てる末脚があるわけないのにヨーイドンのレースを選んだ時点で期待薄。

正直過去一の調教内容に状態面だったのでこれを飛ばすかという感じ。

やっぱりスタートセンス、テンのスピードは今回もメンバーイチだったが、ウインマリリンより後ろは流石に厳しい。

逃げて後続に脚を使わせるレースをしないとこの馬の良さはいきない。

乗り替わり濃厚と言われているが藤岡佑介騎手に戻すのだけはやめてほしい。

 

 

ウインマリリン騎乗の松岡正海騎手もこの馬の持ち味は内ラチ沿いを上手く使って走らせること。

去年は外枠からスッと内ラチ沿いに進路を取りに行き100点満点のパーフェクト騎乗だったが今年は残念。

内が荒れていた為内2.3分頭空けて走っていたが今の成長したウインマリリンには内を走って欲しかった。

 

 

ダノンベルーガはほとんどの馬が外を走っていたのに対してダノンベルーガは3~4コーナーを内から上がっていったのでコーナリングの差で直線向いた頃には3.4.5番手。直線は伸びを欠いたがモレイラ騎手曰く、スタートして進路が狭くなったことで馬場の悪い内を通る羽目に。それが堪えたと言うこと。

やっぱり前も話したがダノンベルーガは左回りでこその馬なので今回叩いたので次走注目したい。

 

 

ヒシイグアスも常に外外を回し4コーナーもかなり外を回しているので流石にロスが多い。だが鞍上は超絶イン有利のスプリンターズSで大外ぶん回しをかました浜中騎手なのでそりゃそうでしょうねという感じ。

 

馬券内3頭と騎手の差を感じたレース。

勝った川田騎手、3着のルメール騎手がリーディング争いしているのは納得の騎乗だったかなと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました