小倉記念

G2,G3

個人的に小倉競馬場では小倉巧者をかなり重要視していてほかの競馬場では成績が振るわなくても小倉で好成績なら迷わず本命にしていきたい。

そしてこの小倉記念、上りタイムがモノを言うように上りもかなりキーになる。

なので小倉巧者+上がりに注目して本命馬候補を導いていきたい。

 

 

 

過去10年見てもやはり上がりタイムがそのまま着順に反映されていてここ3年は上がり1〜3位がそのまま1.2.3着となっている。

今年のメンバーを見ると上がり3位以内で走ってきそうな馬は広げて7頭。

カレンルシェルブル

ゴールドエクリプス

エニシノウタ

アップデート

レヴェッツァ

スカーフェイス

 

上がりが使えそうな馬はこの7頭。次は小倉を得意としている馬を見てみる。

 

 

小倉競馬場通算成績

 

アップデート1-0-0-0/1 1勝クラス秀彦山特別1着

エニシノウタ0-2-3-5/10

エヒト1-0-0-0/1 1勝クラス呼子特別1着

カテドラル0-3-0-1/4

カレンルシェルブル1-1-0-0/2

ククナ未出走

ゴールドエクリプス2-0-0-0/2 未勝利1着、1勝クラス1着

ザイツィンガー1-0-0-2/3 1勝クラス1着

スカーフェイス0-0-0-1/1

スタッドリー0-1-0-1/2

テーオーシリウス2-0-0-2/4 1勝クラス1着、2勝クラス玄海特別1着

マリアエレーナ2-0-0-0/2 2勝クラス高千穂特別1着、2022年小倉記念1着

モズナガレボシ2-0-0-2/4 2勝クラス皿倉山特別1着、2021年小倉記念1着

レヴェッツァ0-0-0-1/1

ワンダフルタウン未出走

ヴァンケドミンゴ0-0-0-3/3

 

 

ここから小倉を得意とする馬は

エヒト

カテドラル

カレンルシェルブル

ゴールドエクリプス

マリアエレーナ

 

 

今年の小倉記念注目する3頭は

カレンルシェルブル

ゴールドエクリプス

マリアエレーナ

 

 

 

カレンルシェルブル

福島民報杯では福島巧者のエリオトローピアを差し切って見事に勝利。

エリオトローピオが6kg差の斤量50kg且つ内ラチ沿いをガッチリキープしてロスなくコーナリングを回ってきたのに対し常に外外を回され4コーナーでも大外を回したカレンルシェルブル。着差以上に強い内容だと思うし2走前は不良馬場で度外視できる。

前走七夕賞ではスタートが上手く決まらず後方3番手あたりからの競馬になったら気づいたら道中はかなり離された最後方にいた。

1〜4着馬が内をロスなく回したのに対しカレンルシェルブルは大外ぶん回し。最後方ポツンからの大外ぶん回しは流石にキツい。それでも直線の末脚は良く上がり最速で追い込んだがロスもあったし、流石にポジションが悪すぎて9着に沈んだ。

まだまだ見切っていいレース内容ではなく、寧ろまだこのくらいの人気なら買いたい。

あまり後ろになりすぎないでほしい。

 

ゴールドエクリプス

前走初重賞のマーメイドSでも狙ったが終始不利を受けていてそれでも4着ならまだまだ底を見せてない。

スタート後隣の馬にタックルされ、直線入る時はウインマイティーにタックルされ1歩外に弾き飛ばされた感じになった。

直線最後は垂れてしまったがスムーズなら最後まで伸び切れたと思うし引き続き斤量51kgで出られるのはかなりプラス。

それもあってか現在2番人気なのは想定外で痛い。

 

マリアエレーナ

小倉競馬場では2戦2勝で去年の覇者マリアエレーナ。ここも十分連覇は狙えるし、ハンデ戦で連覇を狙いにくるのはマーメイドSのウインマイティー同様ハンデを背負ってでも勝機はあると見ているから出てくるわけで去年から2.5kg増の56.5kgでもこのメンバーなら抜けている。

小倉記念勝利後G1,G2などでも大きく崩れることなく走れているので松山騎手さえしっかり乗れば一番馬券内は堅いと思っている。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました