宝塚記念2023〜回顧〜

G2,G3
2023年の宝塚記念は1番人気イクイノックスが人気に応えGⅠを4連勝で締め括った。

2着に入ったスルーセブンシーズは注目馬に入れていただけに本命ジェラルディーナが4着なのは悔しい。

1着イクイノックス、2着スルーセブンシーズ、3着ジャスティンパレスと馬券内3頭とも前走ルメール騎手で重賞制覇している馬で馬券内独占。

 

宝塚記念回顧

ジェラルディーナ

 

ジェラルディーナの敗因は唯一不安視していた鞍上。これがテン乗りの不安なところ。

勝ちに行った結果だからとか言われているが、もし宝塚記念がイクイノックスの庭である東京で行われていたならあの競馬でいいと思う。

ただ宝塚記念の舞台である阪神2200mは

ジェラルディーナ>イクイノックス

でありジェラルディーナの庭で行われていた。イクイノックスも初の阪神コースで着差以上に強い勝ち方だが危うかった分逆転できるレースだった。

結果的には4着に終わり後ろで3頭一緒に走っていた残りの2頭がワンツーなので早めに仕掛けた分脚がもたなかったか。イクイノックス、スルーセブンシーズをアシストする形になってしまった。

ツイートした通りパドックもあんまりよく見えなく前走香港がメイチで、今回状態維持というところだったが非根幹距離なら逆転できると思い本命にしたが非根幹距離の適性は見せてくれた。

予想の時も言ったがこの馬がGⅠを獲るベストなレースは非根幹距離の宝塚記念、エリザベス女王杯、有馬記念だと思っているので秋はエリザベス女王杯連覇を目標にその後有馬記念に出走して欲しい。

 

 

イクイノックス

スタート後ペースを考慮してか下げて後方2.3番手からの競馬に。1000m通過後にジェラルディーナが仕掛けたが付いていかずイクイノックスの競馬に徹したのはルメールのファインプレーに思う。あそこで我慢できるのがイクイノックスへの信頼でありルメールのセンス。

着差以上に強い内容だがやはりベストは東京。秋はJCが最大の目標みたいだが、宝塚より舞台は完璧だし順調にいけばJCでも馬券内は堅そう。

 

アスクビクターモア

前走の天皇賞も今回の宝塚記念も先行勢にはキツい展開だったのが敗因か。まだ見切れないので秋はオールカマーで見てみたい。

 

ディープボンド

去年の宝塚記念でも仕掛けが早くゴール手前でデアリングタクトにちょい差しされて4着。

やっぱりキレる脚がないのでディープボンドにとって阪神2200mは短い。そうなると長距離路線でしか狙えなくなる。

ジャスティンパレス

直線に入ったところでムチを落としてしまったがわずかに3着に届いた。

今回も上がり3位の35.1でどんなコースでも堅実に上がりが使える点は強み。

 

スルーセブンシーズ

池添騎手自身もかなり悔しがっていたけど4コーナーから直線にかけて外から被され前が詰まる不利を受けてしまい一旦ブレーキがかかってしまった後内に進路を取ると一気に伸びてきて2着。中山牝馬Sで33.8の上がりを出しただけのことはある。

ジェラルディーナの武豊騎手が直線外に外に走ったお陰で前に十分なスペースが出来ておりその分悔やまれる。

ジェラルディーナが上がって行った時にも全く反応せずイクイノックスを終始マークしていた鞍上のファインプレー。今後も楽しみな一頭。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました